フォト
無料ブログはココログ

2012年4月 6日 (金)

第3回せんがわ人形演劇祭“inochi”2012終了

久々の書込。東日本大震災から1年以上経った。昨年、その大地震の直前に開催されていたのが「第2回せんがわ人形演劇祭“inochi”」だった。
私は映像記録を担当しほぼ全ての演目をリハーサル、本番と観て、ビデオ撮影した。今年も「せんがわ劇場」で第3回目が開催され、同じようにほぼ全演目をビデオで撮影した。そのように記録することは珍しいことではないのだろうと思うが、劇団にとっても主催者にとってもよいことだろうと自負してやっている。
三回目となって記録の量も膨大になってきているのだが、ハードディスクに空きを作るために、見返したり、編集したりとよけいな手間も増える。そんなことを気にしつつフェスティバルが終わったあと編集は佳境に入っていくのだ。そして毎日、ビデオを見続けているのだが、そんな中で気がついたことがあった。

せんがわ劇場では今年も面白いラインナップになっていた。今回は初めに上演された「モノ語り◆水仙月の四日」について自分なりに考察したことを書き残しておこうと思う。
試しに書いているので、稚拙なところもあるかと思うが、ご勘弁のほど。ただ何かひっかかったらコメントでも入れていただければと思う。

2012年3月15日せんがわ劇場にて
「モノ語り◆水仙月の四日」
Dsc00160
原作:宮澤賢治 劇作:黒谷都
写真は始まってすぐのシーン。この舞台はとても美しく、はかなく、せつなく、悲しく胸を突かれるのだが、しかしそこでは終わらず、希望に満ちあふれたラストシーンを迎える。
全てが美しい舞台。
この舞台は人形も出てきているが全てが生きている。舞台装置やオブジェ、人の肉体、音、光、そして人形がすべて価値の優劣無く、場面場面で主役を演じていくのだ。
人形演劇と言うのだから人形が出て人が遣っているところがその人形の部分で他の人が動くところは舞踏だったり演劇だったりと別々に捉える人も多いと思う。

しかし、たぶん(私の想像だが)黒谷都は人だけが主役にならないように、気をつけて演出しているのではないだろうか。モノが主役になり、舞台装置が音が光が主役になり、人が主役になり人形が主役になる。

演劇のように出演者として人が主となり、台詞を語り、モノはあくまでそれを引き立てる道具と考えるのではなく、もっと精神的に解放されて、人が主にならず、モノが主になって物語を表現することが出来るのだということを貫いているように思える舞台なのだ。

じつはこの考え方は人形劇というものに接することが出来た人にとってはあまり違和感なく受け入れられることかもしれない。人形劇を始めると、表現する内容によって主役はヒトガタである必要はないと自然に気がつく。
(人形劇とあえて書いているが人形演劇という言葉を使うより最近はやはり人形劇と記した方が伝わるかと思って変えている。私としてはどちらも同じ要素の舞台制作物をあらわそうと思って使っている)

残念ながら日本ではこれを教えたり研究したりする学校はほとんどないので、理論的な後ろ盾が薄いのが難点なのだが、ヨーロッパやアメリカにはちゃんと大学に人形劇学科があり専門の研究者も多い。

たとえば、2010年にフェスティバルトーキョーで上演したジゼル・ヴィエンヌはフランス、シャルルビルメジェールの人形劇学校の出身で学問的に人形劇を学んでいる。
彼女の演出作品『こうしておまえは消え去る』では、舞台装置、人、音、声、人形、そして霧がやはり等価値で存在していた。アフタートークで観客の方が、「なぜ人が立っているのを見ているのに、霧で隠してしまうのか?」と質問があった時、彼女は「この舞台上に存在する全てのものが主役になる瞬間を持っている」と言った。霧もまた主役のオブジェとして存在していたのだ。この発言は人形劇学校を出ている彼女にすれば当然の答えだと思った。

ついでに付け加えるとヨーロッパの人形劇を教えている学校では舞台で遣う全てのものについて説明を求められ、すべてに答えられるように作る側も考えるように教えられることが多い。ジゼル・ヴィエンヌも舞台で起こったことを聞かれると、なにもかも説明出来るように話していた。
これは決して、言葉で舞台を説明するのではなく、なぜこの舞台上に存在するかという理由を話すだけなのだ。
日本では、<「なんとなく」そうした>ということをヨーロッパでは、なぜ「なんとなく」になったのか理由をつきつめて考える習慣があるということだ。これはたぶん日本の演劇の考え方の中には存在しない思考かもしれないが、なじまないと拒絶してしまうか、面白いと思って考えるかは捉え方だろう。
ヨーロッパでも人形劇を学んでいる学生や研究者と演劇を学んでいる学生や研究者はなかなか交流する機会がなく考え方も違うという話であるが、ようやく交流が出来てきているようで、演劇の演出家が人形劇に精通している方も多い。

話が少しそれたような気もするが、黒谷都がやはり「第1回せんがわ人形演劇祭“inochi”」の時に同時開催したアンサンブル公演「銀河鉄道の夜」を演出した時も、全ての舞台上のモノ、人が生き生きとうごめき、存在し語り部となっていた。現代人形劇を志している人たちでもなかなか人と人形をうまく舞台上に存在させることは難しいと思う。彼女の演出作品はそれだけで価値がある。
伝統人形芝居などはそれが技として作り上げられていることで揺るぎないものになっているが、現代の人形劇は今こそ表現としての形をはっきり考え伝えらるような研究や教育機関が必要なのかもしれない。

とりあえず、こんなことを考えたのだ。

2011年10月25日 (火)

ラクマーヤ

人形町の賑やかな街の中ほど「三日月座」という喫茶室がある。雰囲気のよいちょっと古いたたずまいのお店だ。
ここで人形劇の公演があった。ヂバドロ・アノの北井あけみとアコーディオン奏者岩城里江子のコラボ人形劇「水脈」という作品。店の奥にパンチ劇のように人形の舞台をしきったセットがたてられている。生演奏のアコーディオンの音はどこか心を弾ませる響きがある。まずは、かわいいようなちょっとへんてこなクマが登場。前半はこのクマの生活。後半は老婆の人形が出てきてその世界が描かれる。時々、不思議な展開があるのが綺麗だった。
数日おきに場所を変えて上演していたが、11月20日に仙川のniwako-yaというレストランで上演するようなので、見たいと思う方はぜひ。


北井あけみと同じヂバドロ・アノのメンバーの塚田次実も11月に国立ラボで「あかりもり」という作品を上演する。
ヂバドロ・アノというグループは1997年〜99年に開催されたプロジェクト2000に参加したメンバーがプロジェクト後に結成されたオブジェクト・シアターという人形と限らず、モノを遣って表現していくことを考えて作品造りをしている。人形劇を志しているというより、いかにモノとかかわって自己表現を深めていくか、演劇の小道具とは違い、モノが主役になったりする舞台を構成したりする面白い発想方法をもって上演活動を続けている。
ヂバドロ・アノの作品を見ていると、いろいろな舞台の要素を持ちながら、新たな表現手段を手に入れたような印象を受ける。
ジャンルにとらわれず、解放した見かたをすると、観客も自由にしてくれるのかもしれない。


Lac_maya01b_2


2011年4月12日 (火)

江戸糸あやつり人形座と結城座を見た。

東日本の大震災のあと、多くの演劇や人形劇が休演したり延期したり中止したりと舞台に関わる方は、大忙しの日々を送っていたのではないかと思う。さらに舞台に立っている人たちは、震災を被災した方々へ何をできるかということも考えているだろう。何ができるかはこれから先の話になっていくであろうと思う。
さて、その地震のさなか、今年の3月はなぜか、糸あやつり人形の劇団が立て続けに上演するようなスケジュールになっていた。当方で企画した19日の演目も糸あやつりの特集で考えていたが、会場が休館してしまったので、中止になった。これはいつか実現させたいと思っている。
状況は劇団によってまったく違い、ちょうど、震災の時に公演日だった「かわせみ座」は中止も延期もせず、上演して乗り切ったそうだ。
震災後、17日から下北沢で「江戸糸あやつり人形座」の公演があり、それは上演された。最終日を見た。
この劇団は結城座を抜けた結城一糸氏と先代の孫三郎こと田中純氏が組んで上演を続けている。結城座で培った技は見事で、魅了される。
見るたびに思うのは、子どもの頃から身につけた伝統の技はぶれが無く、表現がその上に加わって、とても楽しいし、目をはなせないところがある。伝統を守る劇団の枠を飛び出したことで、守ることより現すことに集中出来ているのかもしれない。遣い手がとても嬉しそうに遣っているのが印象的。
その結城座も3月中旬の上演予定がホールの地震をうけてのメンテナンスの都合で一週間遅れて初日をあけた。こちらは三島由紀夫の「現代能楽集」の舞台化。人形のデザインに漫画家、林静一氏があたっている。さすが女性の人形が美しい。結城座は役者と組んで舞台を作り上げることが多いのだが、今回は人形が全面に出ていて、原点に返った感じがした。
日本の伝統糸あやつり人形は人形遣が遣う部分が手板という平たい板にひょうたん型の穴が二つあけてあり、小さい板がシーソーのように動くような構造になっていて動かない部分と動く部分とそれぞれに糸がつなげてあり、人形のいろいろな動作を可能にしている。300年の歴史を持つ結城座とそこから新しい取り組みを生み出した竹田人形座がこの手板を基本にした伝統の糸あやつり人形で大きな流れをつくってきた。先に紹介したかわせみ座は竹田の流れをくむ。
文楽の伝統を守り続ける姿勢とは違い、糸あやつりの座は常に新しい挑戦を続けることが座の姿勢になっているのかもしれない。先進的な表現を探求し続け、伝統の遣い方や人形の構造を守りながら表現は常に新しいものへ目を向けている。伝統を壊すのではなく、その上に現代を表現する。
結城座、あるいは江戸糸あやつり人形座の公演があったらぜひ一度見ていただけるとよい。出来れば、古典と現代物の両方を見ていただけるとより楽しむことが出来る。

2011年2月 6日 (日)

西畑(さいばた)人形芝居

2011年2月5日
プーク人形劇場に復活「西畑人形節劇」を見に行ってきました。
伝統芝居は今と題されシリーズで企画されてきた四回目。

西畑人形芝居、朝日若輝一座による浪曲に合わせてお芝居を演じるということでした。
浪曲は浄瑠璃にくらべると聞きやすく、耳に入ってくるので、物語に入り込みやすいように思えました。
ことの成り行きを浪曲でうたい、人形芝居の台詞につながっていく。
三味線のうつリズムも舞台にマッチしこちらも身体が動く感じで楽しく見られました。
6日にも同じ演目が上演されます。
2部は西畑人形芝居と浪曲の関係や伝統人形芝居の解説をすごい先生(!)方の楽しい話でうかがいました。
お客さんがわいてくれれば、演者ものってよい演技をする。それは変わらずに舞台にはあるものなんですね。

Saibataa

西畑人形芝居も浪曲も明治になってから生まれた芸能であることなど、面白い話満載でした。
この伝統芝居は今!!という企画は助成金で成り立っていたようですが、残念ながら次回は助成がもらえず
開催できないとのこと。
なかなか良い企画だと思っても、うまくいかないこともあるのです。

2011年2月 2日 (水)

昨年末に見た二本の人形劇

年が明けて、しばらくたってしまいました。昨年もいろいろ人形劇を含め、舞台作品を見ました。

年末に二つの人形劇団のクリスマス公演を見るチャンスがありました。
一つは人形劇団プークの「12の月のたき火」。もう一つは人形劇団ひとみ座「バイセクル」です。

「12の月のたき火」はプークのクリスマスには必ず上演している作品。

 (人形劇団プーク http://www.puk.jp/ 「12の月のたき火」http://www.puk.jp/repertory/12tuki2003/12tuki.htm
マルシャークの書いた「森は生きている」の元になったスロバキアの民話を舞台化した作品。私はずいぶん前、この作品を見たことがあります。大抵は初めて見たときの印象に負けてしまうことが往々にしてあるのだが、そんな懸念は無用でした。1975年から毎年上演されているというが、だからこそ緊張感が保たれているのかもしれない。民話の持つシンプルな展開と人形の持つ親しみやすさがファンタジックな世界と人の持つ感情をどちらもうまく伝えてくれているように思えた。年末に見る、よい作品かもしれません。

もう一つ、ひとみ座の「バイセクル」こちらも初演を見ている。http://hitomiza.com/
(バイセクルの紹介はこちらhttp://hitomizabicycle.web.fc2.com/)
エドワード・ゴーリーというアメリカの作家の絵本が原作で、皮肉を含めたようなユーモラスな作品傾向がある。ここで使われている「優雅に叱責する自転車」と「不幸な子供」という作品もこれは酷いという状況が描かれているが、どこか現実離れしたような不思議な雰囲気をもっている。
まず、美術がすばらしく、原作の持っているペン画のイメージをそのまま舞台に再現したように見える。人形も舞台のセットも原作のイメージを増幅しているようである。
じつは絵本を舞台写真を見比べるとずいぶん違いがあるのだが、見ているときはそのようなことはまったく感じさせず、むしろそのもののように思える。美術の吉澤亜由美はゴーリーの世界をみごとに舞台上に出現さたのだ。

この作品、初演の時はかなりマニアックな印象をうけ、好きな方が見たがるような作品かなと思っていた。
しかし今回見て、舞台独自のキャラクターを加え、誰でも見られる作品に変わっていた。演出的変化もあると思うが、それはイメージを覆すようなものではない。マニアックに好きな人に向けての作品から多くの人に楽しめるような作品に変化できるということに大きな劇団の底力を感じたのである。
ひとみ座の「バイセクル」は劇団の若手と言われるメンバーがそろって作り上げた今の劇団を代表する作品となっている。見るチャンスがまだあると思われるので、ぜひ一度、ご覧ください。

歴史のある劇団が作品を継続して上演していくことはそれだけで価値があるのだとあらためて思いました。

2010年12月21日 (火)

2010年に見た人形劇の覚え書き!

2010年も年末をむかえようとしています。今年見た人形劇をあげてみようかと思います。
とりあえず月ごとでいってみましょう。まあ、かなり偏りもありますが、自分の覚えもあわせてのリストです。
1月
17日:かながわ人形劇ネットワーク「かもめの会」プロデュース公演
21日〜24日:人形演劇「銀河鉄道の夜」せんがわ劇場アンサンブル公演
26日〜31日:第一回人形演劇祭“inochi”せんがわ劇場
2月
11日:身体激情~Physical Passion Theatre~『よるべない女たち』バーバラ村田朋未 シアターX(カイ)
20日〜21日:かながわ人形劇フェスティバル 神奈川県立青少年センター多目的プラザ
3月
6日:いそご人形劇まつり
7日:「Pat!」=Puppet Art Party/人形劇場→人形美術館化計画 プーク人形劇場
20日:「Hand Shadows ANIMARE」劇団かかし座 都築公会堂
22日:「宦官提督の末裔」結城座 世田谷シアタートラム
25日人形劇団ひとみ座「ゲゲゲの鬼太郎」ー決戦!竜宮島ー 全労済ホール/スペース・ゼロ
4月
24日:人形劇団あかいくつ「あかいくつ〜ヨコハマ物語〜」 横浜人形の家あかいくつ劇場
5月
4日:チェコアニメ展示上映会 神奈川県民ホールギャラリー
23日:かながわ人形劇ネットワーク「かもめの会」プロデュース公演
6月
5/6日+12/13日:メルヘン人形劇フェスティバル 横浜人形の家あかいくつ劇場
7月
15日:「ダレルの話」アートステージ・サン 赤レンガ倉庫ホール
16日:「赤い鼻」 座・高円寺
19日:「はことジョージさん」 座・高円寺
23日:「新・三銃士」LIVE 赤レンガ倉庫ホール
8月
5〜8日:いいだ人形劇フェスタ
24日:「かもとりごんべえ」+「寿限無」人形劇団ひとみ座 相鉄本多劇場
25日:6月26日〜8月29日ブラティスラヴァ世界絵本原画展+家庭用人形劇舞台および人形の展示 平塚美術館
9月
11日:「ジャックと豆の木」みどりの仲間たち あかいくつ劇場
14日・22日・28日:人形劇初級講座かながわ人形劇ネットワーク「かもめの会」 あかいくつ劇場
20日:あかいくつ劇場人形劇公演
10月
1日:「不思議なカップ」チェコーヂバドロ・アルハ(アルファ人形劇場) 武蔵野公会堂
4日:「12階建てのバス」アニメーションコンサート=六文銭2010 岡本忠成さんのアニメ作品とまつわるコンサート杉並
11日:「オンディーヌ」せんがわ劇場アンサンブル公演 せんがわ劇場
7日:「浮世の奈落・黙阿MIX」結城座 池袋東京芸術劇場
友永詔三展ニューオータニ美術館
17日:かながわ人形劇ネットワーク「かもめの会」プロデュース公演
20日:寺山修司版「星の王子さま」 吉祥寺シアター
11月
1日:フェスティバルトーキョー「こうしておまえは消え去る」 ジゼル・ヴィエンヌ 西巣鴨創造館
11日:アンドロイド演劇「さようなら」 あうるスポット
11日:「死の演劇」タデウシュカントーレ ビデオ上映会
23日:「ショパンー印象ー」ビヤゥィストック人形劇場 浜松アクトシティ音楽工房ホール
28日:「人形×ダンス の為の実験劇場 #01三角形・K」スクリプト&人形・長井望美+ダンス・伊東歌織 森のテラス
12月
4日:アジアの人形芝居と身体表現レクチャー・デモンストレーション現代人形劇センター ひとみ座第一スタジオ
5日:「ダンボール姉妹」ツジバデルコ 調布市ハーモニープラザ
7日:「春琴」世田谷パブリックシアター
16日:「アベニューQ」WorklightProduction 東京国際フォーラム
19日:「12の月のたき火」人形劇団プーク プーク人形劇場
「バイセクル」人形劇団ひとみ座 ひとみ座第一スタジオ
26日:人形アニメーション「死者の書」川本喜八郎 あかいくつ劇場

これから見る予定もいれて見た人形劇、あるいはそのような表現をとりいれている舞台であります。
ここ数年のリストも作りたいし、詳しい内容についてはボチボチアップしてみましょうかね。