フォト
無料ブログはココログ

2011年8月 7日 (日)

ヨーロッパの「手遣い人形」と台湾の「布袋戯」の公演

夏は日本のあちこちで人形劇のフェスティバルが開催される。
今年は震災の影響もあって海外の劇団は来るのだろうかと心配になったこともあったけれど、
沖縄のキジムナーフェスや飯田(長野県)の人形劇フェスタでは海外の劇団が多数、来日し上演している。
そんな来日劇団が、東京でも公演する。
先日、座・高円寺で見たのはデンマークのシアターリフレクションによる「みにくいあひるのこ」。
台詞はなく音楽にあわせてアンデルセンの作品を見せていく。遣い手が目立たないように照明が工夫され、人形が際だって見える。思わず乗り出して見入ってしまうような動きの美しさがあった。

8月に10日、11日とスペインの劇団ラ・ファンファーラが「プルチネラに乾杯」を上演する。
イタリアで街頭に置く小さな舞台で上演されることが多い「プルチネラ(道化師)」一人の人形劇だが、手遣いの人形が上で演じられるのと、その下にはスクリーンがあって影絵劇が関わりながら物語を進めていくそうである。
私は映像しか見ていないので、生でみられるのが楽しみな舞台。いいだ人形劇フェスタなどでも上演しているので、もうご覧になった方もいるだろう。詳しくはこちら↓
http://www.puk.jp/natuyasumi/purutinera.html

もう一つ、8月13日には台湾から布袋戯(ポーテイヒとかプータイシとか聞く人によって発音が微妙に違う(^_^;)の新興閣掌中劇団による「西遊記」公演がある。
こちらはほんとに名人芸と言える中国の手遣い人形の作品で、人間国宝急の遣い手、鐘任壁氏がその技を披露します。この手遣い人形は半端ではない表現力を持っていて、飛ぶ、宙返りをする、スピード感たっぷりの殺陣がある等々、圧倒されます。
こちらは台湾政府の支援をうけ、今回の震災への支援として、入場料はすべて被災地への寄付になるとのことです。
現代人形劇センターに紹介あり
http://www.puppet.or.jp/puppetArchives/entryarchive/post_110.html
Saiyu_ki_01
スペイン、台湾、ともに新宿のプーク人形劇場での上演です。
お時間のある方は是非、ご覧下さい。なんせ普通に毎年見られるというわけではありませんから。

2011年3月16日 (水)

あかいくつ劇場人形劇上演、中止のお知らせ

重要
      上演中止のお知らせです!

まず地震で被災された方々にはお見舞い申し上げます。       

2011年3月19日(土)に横浜人形の家あかいくつ劇場で
開催する予定でした
パペットパーク企画、横浜人形の家主催人形劇公演、
「マリオネットラプソディー」は中止することにいたしました。

主催の横浜人形の家が22日まで休館することが決定しました。(大きな目的は計画停電への対応)



この時期、各所でイベント、上演が中止になってしまっている中、なんとか上演にこぎつけたいと思いました。

こんな時こそ人形劇を見て、元気になっていただきたいと思っております。
仕切り直し、あらためて皆様に見ていただけるようにしたいと思います。       
よろしくお願いいたします。


2011年3月16日
      パペットパーク 石井秀明
    

2011年2月27日 (日)

ありがとうございました!

こんにちは。パペットパークのHideboです。
2011年2月19日の横浜人形の家、人形劇公演はたくさんのお客様にお越しいただき、楽しくわくわくで終わりました。
Negibzsayo01

大阪からスペシャルゲストとして「ねぎぼうずSAYO」さんという方に来ていただきました。
体調の都合があって、こられるかどうか決められないことで、チラシには掲載できなかったのですが、
ちゃんといらしていただいて、上演が実現しました。

その日に見に来て下さったお客様はラッキーでした。なんとも心温まる優しく、楽しい舞台になりました。
そのときの舞台の写真、とりあえず、一枚のせます。
「たべちゃうぞ」というオオカミが出てくる童話の三本立て!
舞台で遣う道具がたくさんあるのですが、それを見に来てくれたたくさんの子どもたちに一人一つずつ
預け託して物語はスタート。
話が進むごとに必要な道具を客席から舞台へ運んでもらわなければいけません。
一番目の人はちょっと戸惑いがありますが、だんだん話が進むにつれて、次は私かな?と待ち構えて
見ている様子はとてもすてきでした。

出演して下さった
「かよちゃん・ふーちゃん人形劇場」
「人形劇団おまけのおまけ」
「ねぎぼうずSAYO」の皆さん、
支えて下さったスタッフの皆さん、
そしてもちろん見に来て下さった方々、
ほんとうにありがとうございました。
皆さんのおかげで出来上がった舞台だと思っています。

3月19日は横浜人形の家主催人形劇上演パペットパーク企画の第2弾
「マリオネット・ラプソディー」が上演されます。
こんどは繊細な要素もある糸操り人形の舞台になります。ファンタジックな世界が楽しめると思います。
どうぞ、お越し下さい。

2011年2月14日 (月)

ちょっとお知らせ

こんにちは。ブログは頻繁に書き込みするのは難しいですが、ホームページを更新するのよりは手軽かなと思い始めました。
パペットパークはホームページのオープンから2011年の9月でまる15年経ちます。
舞台の人形劇情報やテレビ、映像など人形劇がかかわる情報を選んで載せています。
人形劇をどうイメージするのか聞いてみると、テレビやCMで見たという方がいちばん多く、母になった方たちは幼稚園、保育園で人形劇団を呼んで子どもたちといっしょに見たことがあるという方、子どものときに見たことがあるというような話がほとんどです。
大人になって、大人が見たくなるような舞台人形劇(生で見る)を見ている方は少なくなります。
じつは、けっこう大人が見て楽しむことができる、舞台の人形劇は上演されています。しかし、なかなかその情報は一般的にならないというのが現状です。
そんなことを感じて、このホームページを開始したのですが、なかなか新たな観客を得るのは難しいようです。
とにかく、情報がでていないよりは少しでも見てもらえるチャンスがあればと思い、継続できてきたのかもしれません。情報を知っても実際に劇場などの場所へ足を運ぶ方はもっと少ないかもしれません。
もし、気になってしまったら、ぜひ足を運んで実際に舞台の人形劇を見て下さい。必ず自分が気に入るシーンに出会えると思います。

さて、パペットパークでの自主的なフェスや上演はなかなか実現できませんが、企画を提供して人形劇の上演が実現します。

2011_2_3

横浜人形の家 主催人形劇公演 企画パペットパークとなりました。
2月19日(土)11:30〜/14:00〜 かよちゃん・ふーちゃん人形劇場+ゲスト:ねぎぼうずSAYO
 横浜の人形劇団と大阪の人形劇団のジョイント公演になります。
 ねぎぼうずSAYOさんはたぶん「たべちゃうぞ」という人形劇を上演します。大人も子どももいっしょにどうぞ。
 めっちゃ楽しいです。
3月19日(土)11:30〜/14:00〜 マリオネット・ラプソディー
 糸あやつり人形のジョイント公演を企画しました。こちらは大人の楽しみとも思えますし、子どももいっしょに見て味わえるすてきな世界が広がります。

横浜人形の家 4階にある「あかいくつ劇場」は人形劇の舞台を見るのにピッタリの劇場です。
首都圏では珍しい、人形劇に合うようにプランニング、設計された劇場です。
みなとみらい線が出来たおかげで、都心からでもアクセスが楽になりました。中華街や元町も近く、広い公園などもあり人形劇を見て、ホンワカした気分で楽しい食事やショッピングもできます。
たまにはそんな観劇&散歩もありかと思います。いかがですか?