フォト
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年1月11日 (水)

新春人形劇まつり@あかいくつ劇場

久々のブログ書込です。
2012年があけて、最初の連休、7日〜9日に横浜人形の家あかいくつ劇場で「新春人形劇まつり」をパペットパークで企画しました。
昨年は2月に、ねぎぼうずSAYOさんを迎えて、かよちゃん・ふーちゃん人形劇場、人形劇団おまけのおまけのおまけとの豪華な上演を企画したのが最初でした。その後、3月19日に「マリオネット・ラプソディ」という企画をたて、上演する予定でしたが、東日本大震災のため中止、その後は横浜人形の家の管理者が4月に変わったので、なかなか人形劇の企画も実現出来る状況ではなくなっていました。
しかし、今回の管理をしている方々もちゃんと人形劇の企画を理解してくださって、進めることがどんどん具体的になっていきました。

まず、12月には3月に出来なかった「マリオネット・ラプソディ」の開催になりました。
当初の予定出演者とは少しかわりましたが、マリオネット(糸あやつり人形)をあつめた上演で子どもから大人まで楽しめる会になり、多くの方に見ていただけました。
マリオネットを人形から制作して、上演までしている「レインドロップ・マリオネット」と「KAZ-works」の二組の方々の上演はたぶん他では見られないような内容になったと思います。

そして年があけて1月7日から三日間、あかいくつ劇場で連続で計、5劇団、6ステージの人形劇上演をすることが出来ました。
7日は「たんぽぽわらべ」平川静子さんが一人で上演する劇団ですが、演目によりお手伝いの方が加わり、いろいろな作品を上演しています。平川さんも長年、人形劇の上演活動を続けていて、一昨年くらいにちょっとお休みしていましたが、昨年のメルヘン人形劇フェスティバルに出演、その時に、人形劇の企画のお話をしたときに、「上演したい」とお話をいただけたので、今回は真っ先にお願いしました。
腹話術、「大根どろぼう」(家田隆現作品)とお猿の小次郎の皿回しなど、長年培ったことによるよさがよく出ていました。私は裏方で舞台袖で見ていましたが、上演している時の平川さんの楽しそうな顔がとても印象的でした。

Dscf0321_2
写真はアンコールに応える平川さん

2日目、1月8日はパペットシアター☆トランク☆と劇団ポコあポコという横浜で活動を続けている二劇団のジョイント公演でした。
この二組は横浜市周辺であちこちから依頼をうけて上演活動をしているのってる劇団です。
☆トランク☆は一人芝居で子どものころの友達とのちょっと切なくなってしまうお話。見ていた方は涙ぐむかたもいたり子どもが感動したと感想をいってくれたり、皆さんの心に伝わったようです。
一方、ポコあポコは7名によるアンサンブルの芝居、絶妙なかけあいは笑いが出たり驚いたり、お客さんがとても楽しそうでした。

Pokotokoya

劇団ポコあポコの舞台裏をばらしちゃいます。

3日目、1月9日は東京からやってきて下さった「人形劇団CO2」と「人形劇チーム青空共和国」
CO2は募集で集まった小学生2年〜4年のこども9名が「地球温暖化」について調査し学び、自分たちで物語をつくり、人形作りをして上演までしている作品「地球が大変だ!」を上演しました。
良くできた台本で温暖化に対する問題意識がはっきり伝わってくるだけでなく、上演しているこどもたち一人一人の気持ちが台詞によく現れた作品になっていました。
残念ながら今回がさいごの上演でこの後は、上演の予定はないとのこと。
見に来て下さったお客様はみなシーンとして見入っていました。とくに小さなお子さんは、よく聞いていたようでした。

小学生が作って上演するお芝居は乳幼児から同年代のこどもを確実に魅了します。
それは大人が演じる作品を見るよりずっとスムーズに入り込みます。小学生が人形劇を作る試みはここ数年、学校で行われることは一部の地域を除いて、ほとんど無くなってしまいました。
総合学習の一つとして、人形劇を見直していただけるとよいと思うのですけどね。

その指導を中心になってすすめていたのが青空共和国の山崎さんで、今回の最後の演目「いのきちくんほっきょくへいく」を上演して下さいました。
こどもたちとの関係がとてもよかったのだろうというのは一目でわかりました。
いのきちくんは一人芝居でいくつも人形を首からさげて、手を入れ替えては遣います。それが独特の間合いを生み、ふしぎな楽しい作品を生み出します。
池袋で5月の連休中に開催される「池袋いけいけ人形劇まつり」でも中心になって活躍しています。

Inokiti2012

いのきちくんの舞台袖からの雄志?

今回、参加して下さった劇団にはほんとうに感謝しております。
そして見に来て下さったお客様、ほんとうにありがとうございました。皆さんがニコニコ笑って劇場をあとにしていく姿がとても印象的でした。
やってよかったのだろうと思っています。

横浜人形の家の人形劇公演は
1月22日(日)かながわ人形劇ネットワーク「かもめの会」のプロデュースによる上演
3月3日(土)YOKOHAMAぱぺっと倶楽部プロデュース公演
4月22日(日)「あかいくつ〜ヨコハマ〜物語」上演
5月20日(日)かながわ人形劇ネットワーク「かもめの会」のプロデュースによる上演
6月2,3日、9,10日メルヘン人形劇フェスティバルへと続きます。
珍しい上演、なかなか見られない作品もあります。ぜひ、足をはこんで下さい。

« 2011年10月 | トップページ | 2012年4月 »